選び方の重要ポイント

食事

農薬や乾燥工程が重要

白米という形で市場に出回っている品種すべてに玄米はあります。 その理由は、精米して白米にするのですから当然といえます。 しかしながら全部流通されているかというとそうとは限りません。 米はプランを立てて作られるものといえ、まずニーズを予想して必要量を作り上げて、収穫します。 玄米という形で食べることを考えられてつくられる米は一部であり、その結果市場に出回る玄米のタイプは白米よりも少ないです。 玄米が避けられる理由に食感の堅固さがあります。 白米と対比すると硬く、咀嚼を非常に多く要しますので、品種を選択するときは食感がソフトな品種に決めることで応対しましょう。 それから、虫に食べられない為農薬は必要です。 しかし、玄米のぬか部分に、だいたい8割の残留農薬が残るので、残留していないものを選択した方が望ましいです。 自然栽培や有機栽培、さらに無農薬栽培によって育てられたものを選択することをお奨めします。更に、玄米の乾燥工程においては、灯油バーナーに因る高温で乾く方法があります。 これに関しては一見すると合理的ですが、合わせて玄米の元々の栄養素も損ねます。 こうした灯油バーナーを利用することによって乾燥されている玄米は、死んだ酵素ででき上がった玄米といえます。 したがって、自然乾燥は手間がかかりますが、酵素が死なずに乾燥することが可能なので、玄米の素晴らしさを120%だすための農家のこだわり抜いた手法でお勧めです。