お米

知っておくべきこと

玄米は健康によいとされていますが、毒素も含まれているので無毒化するために知識を入れておいてください。昔から玄米は長く水に漬けておくように言われていましたが、発がん性物質のアブシシン酸は丸一日水につけておけば、無毒化することができます。

箸

あらゆる生活習慣病に効く

玄米は、精白米と比べて多くの栄養素を含んでいます。それらの成分は、肥満、糖尿病、高血圧予防に効果的なものであり、生活習慣病が気になる現代人にとってはありがたい食べ物です。玄米が苦手な方は、精白米と混ぜたり、圧力鍋で炊くとおいしく食べることができます。

お米

栄養価の高い食品

玄米は白米に比べてビタミンB1、食物繊維、鉄分などのあらゆる栄養を多く含んでいます。ダイエット効果も得られ、健康面、美容面においても十分効果が期待できる食品の一つです。吸収しやすくよく噛んで食べることが大事です。

食事

手軽な方法で

健康に気を付けてる人はたくさんいます。色々な方法があると思いますが、食事に気を付けることが一番手軽ではないでしょうか。その食事の中で大きな割合を占めるお米を玄米に変えるだけで栄養価も高まり、健康面だけでなく美肌などの美容面でも効果があります。一度試してみてはどうでしょう。

食事

選び方の重要ポイント

玄米の選び方は細心の注意を払って選ぶべきです。その理由は玄米は白米と同様に精米しませんので、殻をつけた状態で口に運ぶのと同じです。したがって、 玄米を選択する際には、農薬や乾燥方法などについて考慮しながら選ぶことが重要になります。

ダイエット効果について

食事

すぐに便秘は解消

白米から玄米に変えることでダイエットに取り組んでいる人が増えています。単純に玄米に変えるだけで手軽に取り組むことができる上に、食物繊維が豊富で腹持ちのよい玄米なので今までよりも食べる量や間食が減らせたり、おなかがすいてストレスを感じることがないのでダイエットをするのが苦しくないと評判になっています。玄米は白米に比べると炊いても固さが残るので、白米よりよく噛まないといけません。よく噛むことで食べるスピードがゆっくりになるため固いということがダイエットに向いていることにもなります。顎をたくさん動かすということでフェースラインが細くなるなど、ダイエット効果がいくつも出てきます。玄米食にしたからといってすぐに体重が減ったり、体脂肪が減ったりすることはありません。しかし、便秘がちの人は便通がよくなって、おなかまわりがすっきりしたという利点はすぐに表れやすく、口コミでも玄米食にしたら便秘が解消されたという話を多く見つけることができます。体重減少や体脂肪率の低減はゆっくりと効果が表れてきます。玄米そのもののカロリーは白米とほとんど変わりませんが、糖質が吸収されるスピードがゆっくりなので脂肪に変換されて体内に蓄積される前にエネルギーとして使われやすくなります。玄米に多く含まれるビタミンB1は糖質や脂質がエネルギーとして燃焼するのを助ける働きがあることからさらに基礎代謝が増えて太りにくい体質を得ることができます。